義歯(入れ歯)※特別な場合をのぞき基本は保険外診療となります。

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯、そして保険の入れ歯と自費の入れ歯があります。
快適性や求める精度に応じて素材や構造もさまざまです。

当医院では、まず患者様のお悩みやご希望を正確にお聞きし、お口の状態をしっかり診断・診査した上で、どのような入れ歯がお口に合うかご提案いたします。

歯はただ単に食べ物を食べるだけのものではありません。
おいしく食事をし、話し、笑い、充実した毎日を送っていただけるよう、お口に合ったしっかり噛める入れ歯を提供いたします。

保険で作る入れ歯

保険を適用してつくる入れ歯には、材料や構造に決まりがあります。
部分入れ歯の場合は、レジン(プラスチック)でできた床という土台の上に歯を並べ、それを金属のバネで固定する仕組みになります。
総入れ歯はレジンでつくるため若干厚みがあります。
どちらの入れ歯も安価なことが最大のメリットです。

clip_image002 clip_image004

保険の入れ歯の長所と短所

長所
・保険が適用できるため安価
・治療期間が短い

短所
・プラスチックを多く使用するため、厚みがあり違和感がある
・破折することがある
・長期間の使用に耐えられない(変色やすり減りが激しい)
・食感や熱の感覚が鈍く

自費(保険外)の入れ歯(義歯)

保険の入れ歯は床がレジンのため、強度を得るためには厚みが必要になります。
それに対して、金属床義歯は強度に優れた金属を床に用いるため、とても薄い入れ歯をつくることができます。また、密着性に優れ、食事がしやすく会話も楽になります。
金属は優れた熱伝導率があるため、食べ物の温度を感じることができ、食感も楽しむことができます。

金属床は雑菌や汚れがつきにくいため、衛生面においても大変優れております。

pic

スマイル入れ歯(自費の入れ歯)

clip_image007

金属バネが気になる方にお勧めの入れ歯です。
金属のばねを使用しない入れ歯でプラスチック系のナイロン素材で造られています。
審美性に優れていて、見た目にも自然で、ほどよく柔軟性もあり、口の中の違和感があまりありません。





 ※越谷エース歯科は年中無休です。
Copyright(c) 2011 越谷エース歯科 All Rights Reserved.