一般歯科

虫歯治療/虫歯とは

一般的に虫歯(う蝕)とは口腔内に繁殖した細菌が食べ物に含まれる糖質を餌にし、
酸を発生させこの酸が歯の表面を溶かし穴が開いていくことをいいます。

この過程を「脱灰」といいます。初期の脱灰は、
歯の最表層よりも、内層に数十ミクロン入ったところのほうが強く起こり、
歯の内部に浸透した光が複雑に屈折反射するために
白濁した様相(白斑〈はくはん〉)を呈しています。

この白斑のレベルであれば、ていねいな歯磨きを続けることで
唾液の生理的作用によって再石灰化が期待できます。

再石灰化とは、唾液に含まれるカルシウムやリンが
初期の脱灰を修復することができる、この現象の事をいいます。

通常、歯は食事をする度に脱灰と再石灰化が日常的に行われています。
ですが過度の脱灰には再石灰化も追いつかず、
一度進行してしまうと自力で治すことは不可能です。

日ごろからのハミガキや健康的な食生活を送るのが一番の虫歯予防なのです。
それでも虫歯が進行してしまったら是非ご相談下さい。

早期発見・早期治療に勝るものはありません。

虫歯の段階に合わせた治療法

虫歯の過程を分かりやすく説明する表記を
専門用語で虫歯を指す「カリエス」の頭文字”C”を用いて
C0~C4と段階が付けられています。

段階によって治療内容も変わってきますので参考になさってください。

□CO
一般的に「初期虫歯」といわれる段階です。
まだ穴になっていないため、毎日のハミガキや
再石灰化などで十分修復が可能な程度です。
ただ、進行しやすい状態であるため
4カ月に一度は歯科医院でのケアが必須になります。

□C1
穴が歯の表面のエナメル質部分のみにできた状態です。
痛みはありませんがレジン(歯と同色の樹脂)や
シーラント(患部消毒後の溝埋める)などの治療が必要です。

□C2
エナメル質から象牙質に達し状態です。
痛みはあまりありませんが冷たいものがしみ始めます。
インレー(患部を削ったあとの被せ物)やクラウン(患部を削ったあとの冠状被せ物)
などの詰め物、被せ物の治療が必要です。

□C3
虫歯部分が歯髄にまで侵食し激しい痛みを伴います。
痛みは一時的なもののため痛みがなくても進行しているケースが多いです。
この場合は、神経の治療が必要になります。
上物はインレー、クラウンなどの治療が必要です。

□C4
歯の神経が死んでしまい歯のみならず身体への影響もでてきます。
状態によりますが抜歯などの処置が必要なケースも多いです。

歯周病

歯周病とは、歯の周りの組織(歯肉や歯槽骨など)が、
プラークと呼ばれる細菌の塊内に存在する、
歯周病菌に感染することによって引き起こされる、歯周組織の病気の総称を言います。

主な症状には、歯茎(歯肉)が腫れたり、出血したり、
最悪な場合には歯自体が抜けてしまうこともあります。

歯周病になってしまう原因には、基本的に歯周病菌がありますが、
それにはプラーク(歯垢)と歯垢が固まってできる歯石も関係してきます。

これは、歯垢は歯周病の原因となる歯周病菌を媒介しますし、
歯石は、その歯垢の住処となるからです。

そのため、歯垢と歯石がある限りは、歯周病菌は発生しますし、
増殖もしますので、歯垢と歯石の除去は、歯周病予防・防止の観点からは必要です。

ちなみに他にも、タバコやストレスなどが原因となる場合があります。
歯周病にかかった場合、初期の段階では、ほとんど自覚症状が出ませんので、
気づいていない人が多くいると思われます。

しかし、実際には、成人した日本人の80パーセントもの人が
この歯周病にかかっていると言われており、
日本人の歯を失う最も大きな原因となっています。

歯周病予防の為に

プラークコントロール

プラークコントロールは主に、毎日または毎食後、
歯磨きや歯間ブラシ、デンタルフロスなどで、
丹念にプラークを除去していくことが基本になります。

しかし歯周病が進んでいる場合などは、歯周ポケットが深くなり、
そこに入り込んだプラークを個人では除去することが難しいために、
歯医者さんの手を借りて、プラークを除去することもあります。

他には、プラークや歯周病菌の住処になりやすい歯石を定期的に除去することや、
凹凸にプラークを溜まりやすくする虫歯を治療することなど、
いろいろなプラークコントロールの方法があります。

定期検診

歯周病が進行すると歯だけではなく身体にも影響し
”糖尿病”や”心臓疾患”にもかかりうる恐れがありますので、
たかが歯周病と思わず健康な体を維持させる為にも
ブラッシングを含めた生活習慣を見直す事や、
年に2~3度の定期検診が大切になります。

歯周病の治療

歯周病が進行すると、日々のブラッシングだけでの回復は困難になります。
歯周病は痛みもほとんどなく、徐々に進行していきますので、
手遅れになる前の歯科医院での治療をお勧めします。

治療の流れをご説明いたします。

1、検査

□レントゲン写真
歯槽骨がどのくらい吸収されているか、
歯周病の進行具合を確認します。

□歯周ポケットの測定
歯周ポケットの深さを測り進行具合を把握します。

□歯茎の出血
歯茎からの出血があるかどうかで、
歯周ポケット内の炎症の程度を調べます。

□かみ合わせの検査
咬み合わせが強い部分は、歯茎がダメージを受けやすく、
部分的な歯周病を発症するケースがあります。

2、スケーリングとブラッシング指導

□スケーリング
歯茎より上についた歯石を、超音波スケーラーを用いて除去します。
以前は痛みを伴うことも多かったイメージがありますが、
現在では痛みがほとんどなく歯石を除去できます。

□ブラッシング指導
日本では、歯の予防という概念が浸透していないということもあり、
大半の方が自己流のブラッシングをしているというのが現実です。
一度、歯科医院できちんとした歯ブラシの指導を受けて頂くことが必須になります。
「磨いている」のではなくて「磨けている」のが重要な事です。

3、ルートプレーニング
歯茎の中まで入り込んだ歯石を、専用の器具を用いて除去します。
歯茎の中の歯石が、歯を支えている顎の骨を徐々に溶かしていくのを防ぐため、
とても重要な治療になります。

4、再評価
治療を一通り終了したら、歯茎がどのような状態にあるかを再度、評価いたします。
その時の状態に応じブラッシングの指導や生活習慣の見直しなど行います。

5、メンテナンス
健康な歯ぐきを取り戻したら、今後はそれを維持することが重要になります。
歯茎の状態によって差はありますが、3~4ヶ月に1度のメンテナンスを実施してます。





 ※越谷エース歯科は年中無休です。
Copyright(c) 2011 越谷エース歯科 All Rights Reserved.