越谷エース歯科の審美治療について ※保険適用外

セラミッククラウン
審美治療とは、セラミックを用いて「見た目と機能」を回復する治療です。
周りの天然歯や歯茎と調和させると、見た目も美しく、長持ち致します。

近年では、金属を全く使わないオールセラミックが主流になりつつあるため、金属アレルギーの心配もなく生体への親和性も優れ、色調も限りなく天然歯と近くなりました。

WS000000

術前
image
術後
image

 

ラミネートべニア
材質はセラミックですから、歯ぐきにもやさしく、磨耗や変色の心配もありません。
歯を白くするだけでなく、ムシ歯やねじれた歯、磨耗した歯、奇形歯などにも幅広く適応でき、
セラミック片の形や大きさを調整することで、歯並びや歯の形を修正できます。

image

セラミッククラウンに比べ歯を削る量が少なく、歯の色や白さを調整できます。

歯と歯のすきまをうめたり歯の表面の形を少し変えたりするのにラミネートベニア法が用いられますがとても、高度な技術が必要になり、技工士との密な連携が必須になる治療法です。虫歯などの理由で歯自体の1/3~1/2以上が失われてしまっている場合は適応外になります。また歯の形を大きく変えることはできません。

前歯が気になるけど矯正までは・・・という方は、歯の表面を一層削るだけで、前歯の隙間を解消することも可能です。

術前
image
術後
image

 

ホワイトニング ※保険適用外

image歯のホワイトニングとは、加齢、生活習慣、遺伝などが原因で黄ばんだ歯を、薬の力で白く漂白する方法です。
以前では歯を白くするには歯を削って白い歯をかぶせたり、歯の表面に付け爪のようなものを貼ったりする方法しかありませんでしたが、現在のホワイトニングは、歯の表面に過酸化水素を主成分とした薬剤を塗って漂白する方法や、歯に合わせて作られたトレー(マウスピース)にジェル状の漂白剤を注入して歯に装着する方法などによって歯自体を白くすることが可能となりました。

メカニズム
ホワイトニング剤の主成分として、過酸化水素と過酸化尿素があります。この2つを併用しているものもあります。これらは一定温度になると、酸素と水に分解されます。

この分解の時に発する酸素が歯の色素と結びつき、色素を分解します。併せて、この過程で生じる活性酸素が、歯の表面のエナメル質表層に光を乱反射させるように作用し、もともと黄色味の強い象牙質の色が透けて見えないようになります。

このように口腔内で分解された酸素がエナメル質に浸透し、歯の色素(有機質)だけを分解して無色化させるため、象牙質の構造を変える事なく色調を明るくする事ができるということです。

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと家庭で行うホームホワイトニングがあります。

オフィスホワイトニングimage
歯科医院で歯科医師か歯科衛生士が行うホワイトニングです。

まず歯の表面をクリーニングし、オフィスホワイトニング専用の薬剤を歯の表面に塗って、光や熱を照射することで歯を白くします。短時間に白くすることができますが、その分後戻りも早いと言われています。一般に使用する薬剤は比較的濃度の高い30%~35%程度の過酸化水素を含む薬剤を使用します。

 

imageホームホワイトニング
自宅で行う方法です。個人の歯の形に合ったマウスピース(カスタムトレー)を歯科医院で作り、そのトレーの中にホームホワイトニング専用の薬剤を入れて歯に毎日1~2時間連続して装着しそれを2週間から3週間ほど続けていく方法です。

薬剤は自宅で行うこともあり、オフィスホワイトニングとは異なり低濃度の10%過酸化尿素や3%程度の過酸化水素を含む薬剤を使用します。

デュアルホワイトニング
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。最も効果の高いホワイトニング法といわれています。

まずオフィスホワイトニングをすることで、歯を白くします。オフィスホワイトニングから24時間以上経過した後にホームホワイトニングを開始します。オフィスホワイトニングを2回以上行うことでより高い効果を出すことが出来ます。

この方法は、遠方の人や、早くより高い結果を出したい方にお勧めのホワイトニングコースです。単独方法よりもオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの長所と短所をそれぞれが打ち消し合うということで、ホワイトニングの期間の短縮や歯の白さの安定に高い効果をもたらします。

 

PMTC ※保険適用外

clip_image002

使用する研磨剤

clip_image005 〈フッ素配合歯面研磨ペースト〉
950ppmのフッ素を配合したPMTCの最終仕上げ用ペーストです。ご使用いただくことで、ツヤのあるなめらかな歯面 と、プラークやステインの再付着抑制が期待できます。殺菌効果のある塩酸クロルヘキシジンの配合により、う蝕や歯周病の原因菌を抑制し、 プロフェッショナルケアを強力にサポートします。
clip_image008 〈フッ素配合歯面研磨ペースト〉
スケーリング後の歯面研磨等に最適な、フッ素配合の歯面研磨ペーストです。
clip_image011 〈リナメル〉
ナノ粒子ハイドロキシアパタイト配合のリナメルトリートメントペーストでエナメル質表面を美しく、なめらかに。口腔内を爽快にしながらう蝕を防ぎます。
PMTC、スケーリング、ホワイトニング、ディボンディング処理後のケアに使用します。

インプラントってどんな治療? ※保険適用外

インプラントって言葉は聞いたことがあるけれど、詳しくはどんな治療法なのでしょうか。image
インプラントとは医療目的で体に埋め込む器具を総称する言葉です。

その中で、失った歯の歯根の代わりに顎に埋め込むチタン製の歯根をデンタルインプラントと呼んでいます。
治療法は、失った歯の顎の骨にドリルで穴をあけ、元の歯根の代わりにインプラントを埋め込み、人工の歯を取り付けるというものです。


越谷エース歯科のインプラント治療について

越谷エース歯科のインプラントの特徴
3次元レントゲンCTを完備

image

3次元で立体的に顎の骨の状態が確認できるCTを導入している歯科医院は全国で数%しかないといわれておりますが、当医院では最新CTを導入しており、術前・術中・術後においてその場ですぐ撮影・確認ができます。当医院ではインプラント治療におけるCT撮影費用は無料となっております。

CT完備していない医院では、
・術前はCTを大学病院等に撮影しに行く(2万から3万)
・術中はCT撮影による確認不可能
・術後は必要な場合は、再度、大学病等で撮影(2万から3万)

image

図のように、骨の幅・骨質・神経の走行などが、明確にわかるモリタの最新式CTを導入いたしております。
術中に予期せぬ事態が起こっても、迅速に撮影して状況把握が可能なため安心して治療を受けることが可能です。

原則、インプラント治療は2人以上のDrが執刀いたします
熟練したDrが2人以上で手術を行うため、患者さんは安心して手術に臨めます。
インプラント治療は、術前に綿密な計画と診断を行うのですが、いざ手術が始まると予想外の事態が起こることも考えられます。
そのような場合、迅速かつ正確な判断が下せるように多人数での処置がベストと考えております。

正確な情報提供
インプラント治療におけるリスク等を術前に分かりやすく説明いたします。





 ※越谷エース歯科は年中無休です。
Copyright(c) 2011 越谷エース歯科 All Rights Reserved.