矯正歯科をこれからはじめる方のよくあるご質問

大人になってから歯を矯正したいと思う方も多いと思います。
でも大人の矯正ってよくわからないことも多いですよね。これからはじめようという方がよく質問することを解決していきましょう。

Q:年齢制限はありますか?

A:最近は口元を気にする人が多くなり、素敵な笑顔になりたい、きれいな歯並びになりたいと思って矯正治療をはじめる大人が増えています。
矯正治療には年齢制限はありません。また、一度直した歯並びも時間の経過により後戻りすることがありますが、再治療が可能です。

Q:周囲の人に気づかれずに治療を行えますか?

A:矯正と聞くと歯の表側に金属ワイヤーとブラケットと呼ばれる器具を装着して、周りからもすぐ矯正だとわかるイメージがあると思います。しかし矯正にもいろいろ方法があり、最近では白色や透明の素材でできた装置や、歯の裏側に器具を設置する方法、取り外し可能なマウスピース矯正など周囲の人に気づかれずに治療する方法が増えてきました。

Q:歯が抜けていてもできますか?

A:虫歯で抜歯して数本の歯がない人、人工の歯をつけている人も治療は可能です。しかし装置をつける前に虫歯や歯周病の治療は済ませることになります。

Q:歯は必ず抜きますか?

A:抜歯・非抜歯は選択できる場合もあります。医師に相談し希望に沿う方法を見つけましょう。より良い治療は、医師との信頼関係が大切になってきます。自分の希望はしっかり伝え、質問もどんどんしていきましょう。

 

矯正治療基本のキホン

矯正と聞くと成長期の子供が行うものというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。
しかし成人になってからも見た目を改善するために矯正を行う方が多くいらっしゃいます。
今日は歯列矯正の中でも大人が行う成人矯正について見ていきたいと思います。

成人矯正は、顎の骨の位置を改善しやすい子供の矯正と違い歯の移動に時間がかかったり、外科的な治療が必要になる場合もあります。外見の変化が目的の方が多いですが、「かみ合わせの改善」がより重要になってきます。

かみ合わせが悪いと頭痛、肩こり、腰痛など全身に影響が出てくるといわれています。原因のわからなかった症状が実はかみ合わせによるものだったということもあるのです。意外ですが、不眠症や仮性近視、肥満などもかみ合わせを直すことで改善されることがあるのです。

では、かみ合わせ、歯並びの悪くなる原因にはどんなものがあるのでしょう。

例えば、子供のころの指しゃぶりや頬杖をつく、一定方向で寝ているなどいつもの癖によるもの、虫歯、アレルギー、遺伝などがあります。

成人矯正のメリットは子供のころと違い、自分で矯正することを決めているので、ケアもきちんと続けることができるということです。また治療期間は少し長くなりますが、成長発育がほとんどないので治療計画がたてやすいというところです。

反対にデメリットは期間が長くなることで費用がかかるという面です。

成人矯正とは大人になってからの歯列矯正で、外見の変化やかみ合わせの改善を目的として行われます。

 

矯正治療にも色々種類があります

まずはインプラント矯正。これは、顎の骨に、小さな金属プレートやねじを固定し、装置によって歯を動かす事を助ける方法です。

インプラント矯正のメリットは治療期間が短いこと、歯を抜く必要がないことです。デメリットは手術が必要であること、清潔に保っていないと感染を引き起こす危険があることです。

次はマウスピース矯正。目立つ装置が嫌な人にも使いやすい取り外し式の矯正装置で、装置を装着してもつけていることが目立ちません。マウスピースのメリットは取り外し式なので装置をはずしてのブラッシングが可能なこと、装置が目立ちにくいことなどがあります。デメリットは保険に適応していない、全ての症例で使えないことがあります。

他には裏側矯正というものもあります。これは歯の裏側にワイヤーをつけるので普通の固定式と違って目立たずに治療が可能です。

裏側矯正のメリットは他人に気づかれずに矯正が行える、虫歯トラブルが起きにくい、前歯が引っ込みやすくなるなどがあります。デメリットには違和感が大きい、発声しづらい、食べ物が食べにくい等あります。

それぞれの方法でメリット・デメリットはあります。医師と相談して自分に合うものを見つけましょう。

 

インプラント矯正について

従来のワイヤーを使った矯正方法は、2~3年かかっていましたが、その半分までに短縮できる治療法が注目を浴びています。それがインプラント矯正です。

インプラント矯正は、顎の骨に矯正するためのインプラントを埋め込み、それを支点にして歯を移動させていく矯正方法です。従来はワイヤーで繋がった歯と歯がお互いに引っ張り合って歯を移動させていましたが、これでは引っ張る力が安定せず時間がかかってしまっていました。

埋め込むインプラントの数によりますが、インプラントの手術は5~10分ほどで終わります。痛みもほとんどなく、日常生活にも支障をきたしません。チタンという金属を使用していますが、チタンは人体に影響を及ぼさない安全な金属で、金属アレルギーも起こしません。

インプラントのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリットは、治療期間が短いこと、抜歯せずに矯正治療が行えること、外科的治療が必要な場合でも手術なしで治療が可能な場合があることなどが挙げられます。

反対にデメリットは、矯正用のインプラントを埋め込むための手術が必要なこと、インプラントの周囲を清潔に保てないと感染を起こす危険があることなどが挙げられます。

期間が短縮することは私たちにはとても嬉しい事です。メリット・デメリットを理解するためにも、まずは医師に相談してみてください。

 

インプラント矯正の特徴-対象年齢・手術方法-

最近注目を集めているインプラント矯正とは、一体どんなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

今までは、歯を移動するために口の中で固定源を探すことは難しいとされていました。しかし、インプラント矯正が固定源を作り、すべての歯を前後・上下・左右に動かすことを可能にしました。

インプラント矯正は、チタン製の矯正器具を顎の表面に取り付け、それを固定源として歯を動かしていきます。抜歯をせずに治療もでき、治療期間も半分に短縮されました。

顎の骨に埋め込むので、顎の骨の成長が終わった高校生以降の方が対象となります。年齢が高くなる分には問題ありません。

またチタンという金属を使いますが、チタンは人体への影響がなく、とても安全な金属なのでアレルギーのある方でも治療が可能です。

心配な人は簡単に検査できる方法がありますので、事前に検査を行っておくとよいでしょう。

手術は局所麻酔を使って行われます。

歯根と歯根に挟まれた顎の骨にインプラントを埋入させます。1本につき大体5分~10分の手術時間となります。埋めたインプラントは、2~3ヶ月で顎の骨と結合します。

麻酔が切れた後の違和感も少ないので、とても期待のできる治療法です。

 

外科的矯正治療とは

矯正治療だけでは困難な症例は、外科手術と併用して治療をします。

矯正治療だけでは十分なかみ合わせにできない場合、外科的手術を併用することがあります。これにより、かみ合わせだけでなく、顔貌の改善や睡眠時無呼吸障害の症状改善もみられます。

外科的矯正治療を必要とすることが多い症例としては、前歯でものが噛みきれない開咬、顎がしゃくれている反対咬合、下顎が小さい出っ歯、睡眠時無呼吸障害などです。

外科矯正治療は、約1年の術前矯正の期間を経て、入院して手術するのに5日~10日。術後の矯正にさらに1年。そして安定するのにその後1~2年かかるという流れになります。

外科矯正はよく美容外科と混同されますが、外科矯正治療方法は、顎機能を診断した結果、咬合の改善のために外科的手術が必要だと判断された時のみ受けることが可能になります。顎変形症患者や唇顎口蓋裂患者に対して、この治療法を用います。

外科矯正を受診するときは、「更生医療指定機関」がいいでしょう。これは大学病院等の施設と大学病院と同等の施設を有している医療機関で、5年以上の矯正臨床経験および口唇口蓋裂の治療経験のある医師が常勤している等厳しい条件をクリアしないと指定されません。また指定を受けている医院は、健康保険が適応されるので安心です。

 

JETsystem従来より治療期間が短縮された新しい治療法

摩擦の少ない矯正装置で治療期間を短縮する新しい治療法

矯正治療を行う方は、やはり痛みが少なく矯正機関も短く終わりたいと願っていると思います。今回はJETsystemという最新の治療法をご紹介します。

JETsystemは治療期間を短くするために、4つのステップを同時に行います。

従来の方法は、まず初めに歯のねじれを改善するレべリング、そして抜歯をした場合などに犬歯を動かす遠心移動、その後前歯部の後方移動をし、仕上げをするという4段階の工程を踏んでいました。

しかしJETsystemはこの4つを同時に進めることができるのです。

それにより、今までの約3分の1にまで治療期間を短縮することができました。

さらに、矯正装置で歯を動かす際には痛みを伴いますが、JETsystemは摩擦の少ないブラケットを使い、ワイヤーの力を伝わりやすくしてあるので、弱い力での歯の移動が可能になり痛みも軽減されたのです。かかる力は従来の4分の1~2分の1と言われています。

また今まで困難と思われていた治療が可能になりました。代表例は「ブライダル矯正」です。結婚式までの短い期間で歯並びを直すことができますし、もし期間内には無理な場合でも、式が近づいたら一時的に装置を外し、式の終了後にまた再開するということもできるのです。

柔軟に対応できる矯正方法なので、一度医師に相談してみるといいですね。

 

スマイルデザインを考慮した矯正治療とは

みなさんは、「スマイルデザイン」という言葉を聞いたことがありますか?あまり聞かない言葉だと思いますが、矯正治療はこのスマイルデザインを考慮して計画を立てる必要があります。

笑った時の歯の見え方による、美しい笑顔の判断基準に「スマイルライン」と呼ばれるものがあります。これは上の歯の先が下唇に一致しているのが良いとされています。

また笑ったときにできる口角の影の部分を「ブラックスペース」と呼びます。このブラックスペースが少ない笑顔の印象は爽やかになるとされています。

スマイルデザインを考慮せずに矯正治療を行うと、このブラックスペースが大きくなると言われています。残念なことに、治療を終えた患者さんの中にも、ブラックスペースの大きい人は多くいるのです。

それはなぜなのでしょうか。今までの矯正治療は、欧米人に合わせた歯列のアーチの形を基準にしてきましたが、実際には日本人の顔の幅は欧米人より大きく、基準のアーチの幅が狭すぎたのです。ですから、歯並びやかみ合わせを改善できても、最高に美しい笑顔を手にすることはできなかったのです。

今後は、スマイルデザインも考慮した治療計画をたてなくてはいけません。患者さんは、このことを頭において矯正歯科医院を選ぶ必要があります。

 

ブライダル矯正

結婚式を控えているので、矯正は無理と諦めていませんか?

結婚式当日までに矯正治療を終わらせるブライダル矯正があります。もちろん、あまりにも短期間過ぎるとできない場合もありますが、もし間に合わない場合でも、人の目に触れる個所を優先的に治療したり、取り外し可能な器具により、式当日は装置を付けずに式に臨めるなどの対応もしてくれます。

装置にはどのようなものがあるのか、詳しく見ていきましょう。

「クリアブラケット」上下前歯12本のみ白くなっている装置で、他の部分は金属でできています。人目に触れやすい場所は目立たない色になっています。

「ゴールドスロット」上下前歯本が白くなっている装置で、全体的に明るいイメージになっています。

「インスパイアアイス」これは透明なサファイアでできていて、色が付きやすいコーヒーやカレー等を口にしても変色しません。とても目立ちにくく、周囲の人に気づかれにくい装置です。

「デーモン3」短期間で治療を終えることができる、アメリカで人気の装置です。痛みが少ないのも人気の理由です。

このように、色々な装置で対応可能ですので、結婚式はきれいな歯並びで臨むことが可能になります。きっと最高の笑顔が見られることでしょう。





 ※越谷エース歯科は年中無休です。
Copyright(c) 2011 越谷エース歯科 All Rights Reserved.