インプラントってどんな治療? ※保険適用外

インプラントって言葉は聞いたことがあるけれど、詳しくはどんな治療法なのでしょうか。image

インプラントとは医療目的で体に埋め込む器具を総称する言葉です。その中で、失った歯の歯根の代わりに顎に埋め込むチタン製の歯根をデンタルインプラントと呼んでいます。

治療法は、失った歯の顎の骨にドリルで穴をあけ、元の歯根の代わりにインプラントを埋め込み、人工の歯を取り付けるというものです。

実はインプラントは紀元前から使われています。

1931年中南米ボンジュラスで貝殻で作られた歯が埋め込まれた顎の骨がみつかっています。しかし貝殻は骨の中で安定はしませんでした。その後も鉄、金、エメラルド、アルミニウムなど試されましたが、なかなか骨としっかり結合するものはありませんでした。

しかし1952年、スウェーデンの科学者がチタンと骨の結合性を発見しました。現在のチタンを使用したインプラントはこの時から始まりました。

デンタルインプラントにもやはり、メリットもデメリットもあります。

メリットは自分の歯を傷つけない、見た目がきれい、しっかり噛むことができる、話しやすい等です。

またデメリットは、手術をしなくてはいけない、治療時間がかかる、タバコを喫えない、費用がかかる、ケアが大変等です。

しかし、入れ歯やブリッジ経験者がインプラントの治療を受けると、次もインプラントにしたいとおっしゃる方が多いそうです。一つの候補として考えるのも良さそうですね。

インプラント治療が不安な方へ

インプラント治療は手術が必要なので、痛みへの恐怖や、安全性を不安に思う人もいるでしょう。

しかし手術とは言ってもそんなに大袈裟なものではなく、通常の虫歯治療で使われる局所麻酔を使用しての手術なので、あまり痛みを感じることはありません。

それでも怖いという人は、静脈内鎮静法といってほぼ無意識の状態で手術を受けることも可能です。

費用の面ではどうでしょうか。

保険が適用されないのでどれくらいかかるのか気になりますよね。

実際の費用は医院によっても様々ですが、検査代として0円~3万円程度。インプラント1本で10万円~20万円程度(使用するインプラントによる)。人工の歯は1個10万円~15万円(材質による)。さらに顎の骨が薄い人はプラスで3万円~20万円ほどの手術費がかかります。

また材質的に半永久ですが、お手入れによって寿命が変わってきます。そこで3か月~半年に1度医師に診てもらう等メンテナンスの面でも少しお金がかかります。

体への影響はどうでしょう。チタンは腐食せず、生体ともなじみやすい性質なので、拒否反応が出ることはなく安全です。

ただ、重度の内科疾患、重度の骨粗鬆症、心臓病、糖尿病等治療を受けられない場合もあるので医師と相談する必要があります。また20歳位までは骨が成長しているので治療を受けることができません。

インプラントの知識を身につけることで不安も少なくなるでしょう。

インプラント治療が不安な方へ

インプラントは、他の歯を傷つけずに治療でき、見た目にも健康できれいな状態にすることができます。

手術の成功率も高くなってきましたが、100%ではありません。

治療を決める前にどのようなトラブルがあるのかも確認しておきましょう。またトラブルを回避するための対策も一緒に見ていきましょう。

トラブルには、治療期間中のトラブルと治療終了後のトラブルがあります。

まず治療期間中のトラブルには、痛みや出血、腫れ、麻痺、インプラントが安定しない等があります。

手術後の安静期間はインプラントの場所に負担をかけないように本人が注意して行動しなくてはいけません。

具体的には、歯ブラシや手で歯肉を触ったりしない、麻酔が効いているときは食事を控える、2~3日は安静にする等が挙げられます。

治療終了後のトラブルには、歯肉の腫れ、歯の欠け、インプラントが安定しない等があります。

自分で判断せずにすぐに担当の医師に相談しましょう。

手術の経過によっては、手術のやり直しが可能です(費用の負担は医院によります)。

また、治療を受ける前に担当医師に治療後の歯のイメージ、要望、悩みなどをしっかり伝えることもトラブル回避につながります。そしてあらかじめ保証内容を確認しておくこともとても大切なことです。

インプラントは、他の歯を傷つけずに治療でき、見た目にも健康できれいな状態にすることができます。

手術の成功率も高くなってきましたが、100%ではありません。

治療を決める前にどのようなトラブルがあるのかも確認しておきましょう。またトラブルを回避するための対策も一緒に見ていきましょう。

トラブルには、治療期間中のトラブルと治療終了後のトラブルがあります。

まず治療期間中のトラブルには、痛みや出血、腫れ、麻痺、インプラントが安定しない等があります。

手術後の安静期間はインプラントの場所に負担をかけないように本人が注意して行動しなくてはいけません。

具体的には、歯ブラシや手で歯肉を触ったりしない、麻酔が効いているときは食事を控える、2~3日は安静にする等が挙げられます。

治療終了後のトラブルには、歯肉の腫れ、歯の欠け、インプラントが安定しない等があります。

自分で判断せずにすぐに担当の医師に相談しましょう。

手術の経過によっては、手術のやり直しが可能です(費用の負担は医院によります)。

また、治療を受ける前に担当医師に治療後の歯のイメージ、要望、悩みなどをしっかり伝えることもトラブル回避につながります。そしてあらかじめ保証内容を確認しておくこともとても大切なことです。

インプラント治療のイメージ

みなさんは、インプラント治療と聞いてどういうイメージを持ちますか?

初めて聞いた方もいらっしゃるでしょうか。

インプラントは失った歯の顎の部分にチタンの人工歯根を埋め込み、人工の歯を被せます。健康な歯を削ることなく、しっかり固定でき、天然の歯と噛む感覚は変わりません。メンテナンスをしっかり行えば半永久的に機能可能です。しかし、保険適用外なので、費用がかかります。また手術が必要になり、治療期間も長めです。また見た目の面から希望される方も多いそうです。

では歯を失った場合、他にもブリッジ、部分入れ歯、総入れ歯等の治療法があります。

ブリッジは欠損した歯の両隣の健康な歯を削り、連結した3本の人工の歯を被せる方法です。装着の違和感も少なく、保険適応外の材料を使わなければ保険で治療が可能です。しかし、健康な歯まで削る必要があり、将来的に健康な歯も失ってしまう可能性もあります。

部分入れ歯は両隣の歯に義歯を固定させるために金属のバネをひっかける方法です。治療期間も短く、ブリッジ同様保険適応外の材料を使用しなければ、保険で治療をすることができます。しかし、がたつきやすく、違和感があります。またバネが金属のために見た目がよくありません。

総入れ歯については全ての歯が抜けてしまったときに使用するもので、話しづらさ、食べづらさがあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法を見つけたいですね。

従来の治療法との比較

歯を失ってしまった時の治療法として、従来はブリッジや入れ歯が中心でしたが、現在は見た目も噛む感覚も天然の歯に近いインプラントが注目を集めています。

それぞれの治療法のメリット、デメリットについて比較していきましょう。

まずは入れ歯です。費用は安価なものから高価なものまで選択肢がありますが、違和感があり、味が感じにくくなります。失った歯の部分から骨が痩せていくとも言われていて、手入れが大変だという声もあります。耐用年数は約7~8年です。

ブリッジはどうでしょうか。違和感は入れ歯に比べ少ないですが、健康な両隣の歯を削り、圧力もかけることになるので手入れを怠ると両隣の歯も失うことになります。耐用年数は平均8年と言われています。入れ歯同様、顎の骨の吸収により骨が痩せていくので、その進行により年数は少し変わってきます。

ではインプラントはどうでしょうか。失った部分にインプラントを埋め込みます。そこに人工の歯を取り付けるので、健康な歯を傷つけることなく噛み心地もとても自然です。そしてただ噛めるようになるだけではなく一度衰退した筋肉や神経が回復し体に力が入るようになったり、表情も豊かになります。お手入れを怠らなければ約30年の耐用年数とされています。歯周病には注意が必要です。費用は他の治療法に比べると高めになります。

それぞれの治療法を理解した上で、担当の医師と相談し自分に合った治療法を見つけましょう。

ブリッジとの違い

歯を失った本数が少ない場合の治療法として、以前はブリッジが中心でした。しかし健康な歯を削る必要がありました。現在ではその必要のないインプラントに注目が集まっています。

それではブリッジとインプラントの違いを見ていきましょう。

ブリッジは失った歯の両隣の歯を大きく削り、そこに義歯を被せて固定する治療法です。1本の歯を失った場合は3本分、2本並んで失った場合は4本分の治療物を用意します。失った歯へかかる負荷も両隣の歯にかかることになり、健康だった両隣の歯が失われる可能性も高くなってきます。

噛み心地は天然の歯とほとんどかわらず、違和感もありません。

治療期間は1~2週間。耐用年数は数年~十数年程度とされています。

費用に関しては、使う材料や形状により保険が適用されるものとされないものがあり、少し幅が出てきます。ただ見た目を天然に近いものにしようとすると約30万円かかるとされています。

インプラントはどうでしょうか。治療期間は2~6か月。費用は1本当たり40万円程度になります。

しかし耐用年数が約30年と言われており、見た目もとても自然です。

噛み心地も噛む強さも天然の歯と変わりありません。

それぞれに長所・短所があるのでどちらが正しいとかはありません。治療法をしっかり理解し、どちらも選択肢の一つとして捉え自分に合った治療法を見つけましょう。

入れ歯との違い

失った歯の本数が多い場合や、肩顎・もしくは両顎の歯が全部ない場合、今までは入れ歯しか選択肢がありませんでしたが、インプラント治療のおかげで選択の幅が広がりました。

総入れ歯の問題点にはどういったものがあるのでしょうか。

よく言われているのは、隙間に食べ物が挟まって違和感や痛みを感じたり、支えが弱いので固いものを噛むのが困難だということです。

また広い部分覆われてしまっているので温度を感じにくく味もわかりにくいことも挙げられます。

さらに歯がないので、歯を支える役目のあった顎の骨の機能が低下し、どんどん痩せていきます。口元にしわやたるみができるのはこれが原因です。入れ歯をはずすと実年齢以上の表情になってしまうことから、人前で入れ歯が外れることは相当のショックがあるようです。

それに比べインプラントは噛み心地も天然の歯と変わらず顎が痩せることもありません。

むしろ自分の歯でしっかり噛めるようになることで口元の筋肉が鍛えられ、逆に若々しい印象になる方も多いそうです。

ただ2週間~1ヶ月ほどでできる入れ歯に比べて、インプラントが結合するのには2~6ヶ月かかります。また費用も保険が適用されないので1本当たり40万円前後かかると言われています。

それでも見た目や噛み心地、お手入れ等の点でインプラントを選択する人が増えてきているようです。

歯を抜けたままにしておくと、どうなるの?

歯が抜けた時の治療法には、ブリッジ、入れ歯、インプラント等があります。

もし治療をせず、抜けたまま放置するとどうなるでしょうか。

抜けた歯と噛み合っていた歯が、空いた隙間に向かって伸びてくる。

抜けた歯の両隣の歯が傾いてくる。

抜けた歯の周辺の歯が動くことにより、噛み合わせが悪くなる。

抜けた歯の周りの歯茎が痩せて、位置が下がる。

このように段階的に症状が出てきます。

しかしこれだけではありません。歯並びが悪くなることで肩こり等の体の不調、歯茎が痩せていくことによる顔の輪郭の変化、正しく噛むことができないことによる消化器官への負担増。色々弊害がでてきます。

歯は上下合わせて28本。親しらずを含めると32本。

たった1本と思うかもしれませんが、歯はそれぞれに役割を持っているので、1本欠けるだけでも体のバランスにも影響を及ぼしかねません。

1本歯が抜けたくらいでは日常生活に支障をきたさない、特に問題はないと思っている方も、放っておくと思わぬところに影響が出る可能性もあります。また、一度体に弊害が出てきてしまうと治療が大掛かりになり治るまでに時間がかかってしまいます。

そうならないためにも早めに歯科医院へ相談に行きましょう。

インプラントと顎の骨

オッセオインテグレーション。初めて聞く方が多いのではないでしょうか。

これはチタンと骨が結合している様子を表した言葉です。

「Osseo骨の」「Integration結合」の意味を合わせた言葉です。

インプラントの材料であるチタンは生体親和性が高く、骨と結合するという珍しい性質があります。チタンは骨に植えられると人体に異物と認識されることはなく、植えた周囲の骨がチタンの表面に入り込み、酸素分子を通して強く結合し、安定した状態になります。

この結合はインプラントの表面が滑らかな時よりも僅かに粗い表面の時の方がより強固になると考えられています。また時間とともによりしっかりと結合していきます。

インプラントと骨が結合するまでにはおよそ2週間から2、3か月かかります。

初期結合を終えるまではあまり刺激を与えず、安定させるようにしましょう。揺らしたり触ったりすると結合しかけた骨とインプラントが固定されにくくなることがあります。

少し話は変わりますが、インプラントを埋め込むための骨が足りないと診断されることがあります。生まれつきのこともありますが、歯周病や抜けた歯を放置していたことも原因のひとつと考えられます。その場合は手術前に骨量を補う治療を行います。

GBR法、サイナスリフト、ソケットリフトなどいくつかの治療法があります。

まずは医師に相談してみるとよいでしょう。

なぜインプラントが良いの?

ここ最近のインプラント治療の発展は目覚ましく、技術も大変進歩してきています。

しかし他の治療法に比べ費用や治療期間がかかるインプラントが普及してきた理由はなんでしょうか。従来の治療法であるブリッジや入れ歯と比べてどこが変わったのでしょうか。

まず入れ歯と比較してみましょう。入れ歯は治療が簡単で費用も安いですが、装着すると違和感があり、固いものが噛みにくく、専用の薬品を購入しお手入れしなくてはいけないので面倒です。それに比べインプラントは、違和感はほとんどなく、今までと同じようにものを噛むことができます。

ブリッジはどうでしょうか。ブリッジは入れ歯に比べ違和感は少ないのですが健康な両隣の歯を削ってブリッジを支えているので、健康な両隣の歯もダメになってしまう可能性が高いのです。それに比べインプラントは人工の歯根を直接骨に埋め込むので、他の歯を傷つけることはありません。

若い方が事故などで歯を1~数本失った場合や、1本失った歯の両隣が健康な歯の場合、また奥歯が失われている場合などは特にインプラント治療が高い効果を発揮します。

インプラントは今までの歯と変わらない感覚、自分の他の歯を長持ちさせることができるところが支持される理由ですね。





 ※越谷エース歯科は年中無休です。
Copyright(c) 2011 越谷エース歯科 All Rights Reserved.